大きく3つのタイプの施設に分類

28-01

日帰り温泉の専用施設として運営されている中に、各地域の市町村が町おこしや村おこしの為に作る場合が最近は非常に多くなってきています。日帰り温泉は、大きく3つのタイプの施設に分類することができます。

道の駅や市町村の公共施設と併設された施設もあります。日帰り専用の温泉施設、旅館やホテルなどの宿泊施設が運営する日帰り温泉、スーパー銭湯などの入浴施設の3タイプに分けることが出来ます。

運営も市町村自らが行っているのも特徴です。関東でも関西でもこの3タイプには大きな違いはないようにです。

中には全国展開している大型の温泉施設や入浴施設を運営する企業もあれば、各地の市町村が運営する温泉など、日帰り温泉を運営している企業や団体などによってもタイプが異なります。日帰り温泉の目的に合わせたタイプを選びたいところです。

市町村が運営する温泉以外にも、高級温泉として民間企業が運営する施設や家族で楽しめるレジャータイプの日帰り温泉施設で遊びながら温泉が楽しめるところもなどいろいろな楽しみ方ができるのも日帰り温泉ならではの楽しみ方です。日帰り温泉の特徴として、地元のお土産や特産品が販売されるなど地域色が豊かな施設が作られています。